中村央理雄-社員第1号 、創業メンバー、パンダを最も知る男


創業メンバ 中村央理雄-社員第1号 インタビュー
(最初の社員、創業メンバー、パンダを最も知る男)

大学卒業時に内定をもらっていた携帯キャリア大手の企業の内定を辞退、社長に創業をそそのかした張本人。レンタル事業部近くにあるブルーボトルコーヒーで熱く語る様子を撮影、記録しましたので、公開します。

Q:中村さん、お忙しいところインタビューにご協力いただきありがとうございます。入社21年間の大先輩にインタビューする私が緊張します。質問・回答という形式ではなく、応募を検討している皆さんに中村さんからメッセージをお願いします。

A:はい、21年間、色んな事をやって来ましたね、、、それらの事は、ほぼ全部「0」から始まった事業ばかりです。人マネをせず、他の会社の真似をせず、「0」から始めることの多い会社でした。自分達の頭で考える、自らの体験したことをベースに考える、学び続け、改善することを大切にしながら、事業をつくってきました。

自分達で目標をたて、選択肢を作り、そして行動する。結果がでなければ、仮説を立て直して再度トライする、そんなトライ&ゴーをどんどんする会社です。大きな会社と違って、パンダは決まったやり方などがなく、自分の好きなやり方で仕事を進めば良い、失敗したらやり直す。同じ失敗はしない。素直な心で失敗から学ぶ事を大切にして新規事業に取り組んできました。

レンタル事業部を始めたきっかけは、既にある他のレンタル屋さんが、在庫を毎回電話で確認する必要があったり、店舗まで借りに行かなければならない、そんな不便があってはおかしいのでは無いか?、それらを改善すれば、もっと皆さんに喜んでもらえるのではないか、そんな疑問や仮説からスタートした新しい事業です。

Q:応募にあたってスキルを持っている人が優位になるのでしょうか?
A:スキルは入社時に要求しません。応募された方をカタログのスペックシートのように見たり、評価することはありません。年齢や性別、国籍も関係なく、みんなフラットで自由な社風です。

パンダスタジオのレンタル部署は映像機器たくさん扱っているので、その中英語のマニュアルしかないものも多い。外国人の方が、日本人より仕事がしやすい場面も多数あります。

僕自身はとにかく面白い人と一緒に仕事したいです、例えば、数学できる人、音に詳しい人、オシャレな人、秋葉原に詳しい人など、なんだかとんがったバランスの悪いぐらいの人ががいいでね。この様な人が集まればきっと面白い職場を作れると思います。

Q:応募者に一言をお願いできますでしょうか?
A:パンダスタジオも、人数を多数募集しているレンタル部署も、創業して5年弱いま、この記事を見ているアナタに非常にいいチャンスだと思います。新しい歴史を一緒に作って行ってくれる人を募集しています。朝起きたら、やりたいことだらけ、会社にいくのが楽しくて仕方ない、何をやってやろうか、ワクワクがとまらない、そんなエネルギーを持った人を仲間として迎えて、一緒に働きたいと思っています。

資料請求・会社見学・求人のエントリーはこちら

資料請求・会社見学・求人のエントリー

東京都中央区・大阪市中央区・福岡市中央区の映像総合会社 PANDASTUDIO.TV

レンタルスタジオパンダスタジオ浜町(浜町スタジオ) | パンダスタジオ秋葉原 | パンダスタジオ駒込 | パンダスタジオ大阪 | パンダスタジオ福岡Cube |

パンダスタジオのサービス録音(MA)・編集(ポスプロ) | 生中継 | スタジオ構築 | eラーニング | 映像機器レンタル | 大型LEDビジョン レンタル | 動画の学校 | 採用情報 |

パンダスタジオの関連サイトキバンホールディングス | キバンインターナショナル |